Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

薬の服用と中高年の健康維持対策

健康でいるために薬を手放せません。

私はずっと健康でした。自分でも健康だと思っていましたし健康診断でもい異常が見られたことは有りませんでした。社会人から結婚をして主婦になりました。パートで働いてはいましたが、それまでよりは運動量が減ったと思います。食べる量は変わりませんでした。ですから当然ですが太りました。自分でも太った事を気にはしていましたが中年太りという言葉があるのだから誰もが太ると思い、やせるための行動はしていませんでした。するとある日急に胸が苦しくなったり、息切れがするようになりました。それでも気にしていなかったのですがついに、目の前が急に暗くなって倒れてしまいました。自分が気がついたときには病院でした。自宅で夏の朝に忙しくパートに向う支度をしているときでした。

気がついてくれたのは同居している義理の母でした。私に声を掛けても反応が無いので救急車を呼んでくれました。結果軽いですが脳梗塞だそうです。運動不足や若い頃からの食生活をしていること、肥満も原因だそうです。もともと水分をあまり取らないといわれていたのでそれも関係があるそうです。1週間の検査のための入院をして血液中の色々な情報を教えていただき健康に改善できるような生活を指導してもらっています。薬は今も欠かせませんし、出掛ける際には手放せませんが、自分の健康を守るためなので大切だと思っています。最近はウォーキングをしたり、食事の際のメニューも改善しています。自分の努力で健康でいられたらいいなと思っています。

RECOMMEND

Copyright 2017 薬の服用と中高年の健康維持対策 All Rights Reserved.