Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

薬の服用と中高年の健康維持対策

自己判断で薬を飲むと他人の健康にも悪影響を及ぼします

インフルエンザの検査で陽性がでたら、医師から薬が処方されます。タミフルは1日2回服用する有名な内服薬です。その他にもリレンザという吸入薬も使われます。最近はイナビルという1回吸入するだけよい薬も出ました。しかし、吸入が出来ない高齢者や小児はタミフルしか処方薬はありません。

タミフルとリレンザは5日間の継続服用または吸入が必要です。しかし、熱が下がったからとか症状が良くなったから、会社に行かなくてはいけないからなどの理由から、薬の服用を途中でやめてしまった経験はありませんか。しかし、この安易な行動は絶対にやってはいけないのです。タミフルは一時期副作用などで騒がれましたが、吸入が出来ない小児にはドライシロップなどがあるので、患者の年齢や体重などによって処方量を増減できるところが利点です。タミフルもリレンザも予防投与が可能な事は大きなメリットです。しかし、メリットのある薬で小児にもきめ細かく対応できる薬が、安易な行動の為効かなくなっているのです。タミフルもリレンザも処方される際、5日間処方されます。まず2日位使ったとします。熱が下がりもう治ったと思って使用を勝手にしてしまうと、体の中で弱り始めていたインフルエンザウィルスがまた元気になってきます。その時に、薬を中止しているとインフルエンザが耐性ウィルスに変化してしまうのです。その変化したウィルスに家族が罹患したとします。タミフルを飲んでいたのであればタミフルが、リレンザを吸入していたのであればリレンザが効かないインフルエンザをうつしてしまったことになります。

個人の勝手な判断の為、自分が罹患した時よりもたちの悪いウィルスに変えて世の中にばらまき他人の健康を害しているのです。耐性ウィルスなのかどうかは分かりません。インフルエンザにかかって、薬が処方されてもきかなければ耐性ウィルスだったねと云う話になるだけです。インフルエンザの薬は処方された日数分飲み切るようにしましょう。

RECOMMEND

Copyright 2017 薬の服用と中高年の健康維持対策 All Rights Reserved.