Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

薬の服用と中高年の健康維持対策

薬の使い方健康でいるために

病気になった時に、病院で薬をもらったり、薬局で薬を買って簡単に治したりします。健康的な生活を送るためには、どのように薬と付き合って行ったら良いでしょうか?薬は病院で処方される医療用医薬品と、薬局で購入することができるOTC医薬品があります。その中に西洋薬と漢方薬などもあります。病気以外にも、ビタミン剤や整腸剤など健康増進をはかるもの、疲れ目や発毛剤、疲れをとるものまで、さまざまな症状に薬で対応したりしますが、薬を飲むことはリスクがあるということをわすれてはいけません。簡単に手にはいる薬でも、病院でしか処方されない薬でも、どちらの薬も健康になるために使用しますが、体質や薬の成分によって、副作用が起きることがあります。かゆみが出るなどのごく軽い症状から、まれではありますが障害が残ってしまうような重篤なものまであります。OTC薬などは簡単に買える反面、万然と使用してしまったり、副作用がでても病院にかかるまでに時間がかかり重症化することも少なくないようです。

健康であるために使用する薬で、健康を害しては本末転倒です。使用して何か違うことが起きたら、どんな小さな事でも、医師や薬剤師に相談することが大切です。使用を勝手に中止していいのはOTC薬です。処方薬は必ず医師に相談してください。また薬の相互作用があるので、飲んでいる薬はすべて医師や薬剤師に伝えることが重要です。アレルギーの薬と風邪薬などは中の成分が重複することもあるので気をつけましょう。

RECOMMEND

Copyright 2017 薬の服用と中高年の健康維持対策 All Rights Reserved.